ムダ毛処理って面倒

ムダ毛の処理って本当に面倒くさいですよね。

冬の間は、身体はあまり処理をしてなくても大丈夫だけど、大丈夫じゃないって!?

でも顔はそうもいかないよね。

 

子育てに忙しくすっぴんで過ごす毎日。

久々にお化粧しようと思って、鏡で自分の顔を見て、

あまりにも眉毛がぼうぼうでびっくり仰天する事、多々ありです。

せめて顔ぐらいはまめに処理をしないとですね。

 

最近になって、レーザー脱毛を始めました。

脇は以前にしていたのですが、訳あって中断していました。

 

10年ぶりぐらいの脱毛再開です。

おまけに今回は、脇となんとブラジリアン!

 

噂では、ブラジリアンは相当痛いと事で、友人はあまりの痛さに諦めたほどでした。

かなりビビりまくって、最初の施術に向かいました。

 

施術の二日前に剃ってきて下さいと言われたのですがすっかり忘れていて、前日に処理をしました。

 

さあいよいよです。

脇はほとんど痛くない。

ブラジリアンは、ん!? そりゃ痛いけど、全然我慢できるレベルです。

これだったら楽勝で続けられそうです。

 

2週間後ぐらいには、ポロポロ毛が抜けてきて、

1回の施術ですでに少し毛が減ったようで、なんだかとても嬉しい。

 

脇は以前もしたことがあったので、あっという間に毛量が減り処理も凄く楽になりました。

今年の夏には、ツルツルになるといいな♪

【参考】ミュゼ アリオ鳳
【URL】http://www.dogloversshow.com/

 

「脱毛」をはじめるきっかけも人によって違います。

彼から辛口の言葉をうけて悩んでしまいサロンに足を運ぶ女子もいます。

あたしに関しては、シンプルに自分自身で無駄毛の状況が気掛かりなので、ネットからレビューなどを見て申し込みをしました。

 

脱毛サロンの「ミュゼプラチナム」では、ややこしくないコースやメニューが数多く揃っています。

例えば月別のキャンペーンのときなら数百円で、脇やVIO、選べるオプションが自由に追加できるといったかんじ。

「美容脱毛」についても、脱毛の場所別ならM、Lと分けられたプランがあるので簡単明瞭です。

 

わたしがリアルに体験しているのは腕、手の甲の脱毛処理です。

手先の箇所も、昔シェーバーで何回か処理したことがあるので悩みの一つではありました。

光脱毛の機器では、剃刀のケアも不要で、レッドの光を軽く肌に当てるだけの処理です。

ヒジ下の箇所でも、ジェル状ものをしっかりつけてから5、6分程度でササッと施してもらえるのが嬉しいです。

 

あたしは男性に好かれるために脱毛しようと思っています。

脱毛に通おうと決めたのは元カレにムダ毛の濃いことで振られてしまったからなのです。

すごくムカついたし、別れたくなかったのですが実際に毛深すぎると男性から嫌がられます。

脱毛に行ったら今よりもモテモテになれるんじゃないかと考えて脱毛に行こうと思っているのです。

 

さらにVラインの無駄毛も脱毛してもらいたいと思うのですが、男性が好きなハイジニーナ脱毛ってどんなものでしょうか?サロンによって違うのですが、ハイジニーナ脱毛をする際に好みの形にしてもらえるのです。

 

それからムダ毛が全くない状態にすることもできるし、少しだけ生えたままにして毛量を自在に変えられるとも聞きました。

それを知ったのですが、男の人はどの程度の毛量とどんな形を女性に望んでいるのでしょう?完全になくなるまで処理した方がいいのか、やっぱり薄く残っていた方がいいのかさっぱりわかりません。

 

男性の見解が非常に気になります。

そんなわけでわたくしの教えてほしいことは男の人がいちばん好むVIOラインの脱毛です。

どうなるのが良いと思うのかを教えてほしいです。

 

いつもは入浴をしたときに脱毛クリームでお手入れしたり、ワックスで脱毛したりしていますが、それなのに取り残してしまって季節柄目に付く、あるいは、きちんと取っておかないとはしたないなと感じる時には毛抜きを使用しています。

毛ぬきで抜くと集中的に痛くなるのですが、きれいに抜けるという利点もあるし、細かな場所でも楽に抜くことができるのはとても便利だと思っています。

 

ですが、ピンセットにハマってしまうとあっという間に時間が経ってしまうほど、必死になってしまうことがあります。

気になるところだけと思っていたのが広範囲になってしまい、あくる日には肌がマダラに赤くなってしまっていることも何回もあります。

 

トゲ抜きを使うというやり方は最終手段にしていますが、きちんと毛根までサクッと抜けた時や入り組んだ場所の手入れも可能なことはすごく助かります。

どんなこともそうだと思いますが、ほどほどに行うということが大事なんだと思います。

夏を目標に少しずつ準備をするのがベストなようです。